奨学金を利用するメリット

学生

大学進学に必要な学費の全てを、貯蓄だけで準備しておくことは簡単ではありません。


大学で必要になる学費の半分程度、300万円を貯めておき、後は毎月の収入や、子ども本人のアルバイトで補っていくケースが現実的です。ですがここで、収入だけではなく、奨学金を利用して大学生活を送ることを、考えてみてもよいでしょう。

奨学金といえば、日本学生支援機構の奨学金がよく知られています。無利息の第一種奨学金と、利息の付く第二種奨学金があります。第一種の奨学金を受けられるのは、経済的理由により著しく修学困難な、特に優れた学生となっています。第二種でも、保護者の収入に条件があります。


条件を満たせば支給を受けることができますが、日本学生支援機構の奨学金は貸与されるものです。
そして、学生が卒業後に自分で返還していくものです。借りたはいいものの、返せるのかどうか。
日本学生支援機構のサイトには「奨学金貸与・返還シミュレーション」もありますので、調べてみましょう。

奨学金には、返済義務がない「給付奨学金」と呼ばれるものもあります。こちらは、大学、民間団体、自治体などがそれぞれ独自に設置しているものです。有名私立大学で実施されている給付奨学金制度の多くでは、年額数十万円の給付があります。入学料と授業料が全額免除された上に、奨学金も支給される、という大学もあります。志望する大学に給付奨学金の制度があるならば、ぜひとも利用したいものです。

地域や、将来進みたい職種によって得られる奨学金もありますので、
将来の希望と合わせて、調べてみるとよいでしょう。
もちろん、成績優秀者に給付されるものですので、勉学にも励まねばなりません。