教育費の貯金について

学費を計画的に貯めていくならば、目標額を設定し、必要な時期に目標額に達しているように、期間を考えなれればなりません。どれくらいを目標額として、いつから貯蓄を始めたらよいでしょうか。

幼稚園や小学校から私立への進学を考えているならば、子どもが生まれてすぐに貯めはじめなければ、間に合いませんね。文部科学省の平成24年度子供の学習費調査によると、
私立幼稚園3歳児の学習費は約48万円、私立小学校1年生は約170万円となっています。

公立学校の場合は、幼稚園3歳児で約19万円、小学校1年生は約31万円になります。
以上のデータは全て年額ですので、一度にこの金額が必要になるわけではありません。公立への進学ならば、毎月の収入からの捻出も可能でしょう。

その後、中学校は公立中学校1年生が約45万円、私立だと約156万円です。高等学校は公立1年生が約44万円、私立は約116万円です。ここでも、私立への進学を希望する場合は、貯蓄の必要が増します。小学校の6年間で貯めていくことをおすすめします。

学費として大きな割合を占めるのは、大学です。高等学校までは公立学校に進学して学費を押さえてきたとしても、
大学進学時にはまとまった金額が必要になります。日本学生支援機構の調査による「平成24年度学生生活調査」から計算しますと、学費と生活費を合計した学生生活費は、4年で、国立約624万円、私立約792万円になります。

700万円貯められるならばいいのですが、全てを貯蓄で賄わなくとも、大学生ともなれば、奨学金やアルバイトなどでも補うことができます。学生生活費の半額ほど、300万円は貯めておきたいところです。
300万円を、小、中、高校の12年間で貯めるとすると、毎月2万円の預金をすることになります。