海外留学のメリット

英語の習得は難しいものです。
学校で何年も勉強しても、それだけで話せるようには、なかなかなれません。
しかしグローバル化はますます進み、例え日本から出ないとしても、
外国の方と接していかねばならない状況は増えていくでしょう。
子どもの将来を考えると、英語力の向上についても検討したいですね。

英語力を身につけるには、とにかく英語と接することが大事です。
書いたり聞いたりに加えて、実際に話すことです。
そしてできるならば、ネイティブの英語に接したいものです。

そこで考えられる方法の一つが、海外留学です。
いまや、小学生から海外留学する児童も増えています。
とはいえ、子どもを一人で海外に送り出すには心配も多いでしょう。
そこは、海外留学サポートを専門に行う企業が、多数存在しています。

サポート企業では、行き先の選択から出願、ビザ取得、入学手続きなど、また出入国時の対応、もちろん留学中のトラブルにも対処してくれます。
これらのサポート料金として、行き先や期間にもよりますが、年間で40万から90万円必要になります。
この金額には、渡航費や、保険料、現地での生活費は含まれていない場合もあります。
公立の学校は、私立より比較的安くなります。寮にするか、ホームステイにするかでも違います。
滞在地域の物価に生活費は影響されますので、滞在先と期間の選択が重要になります。

英語力の向上はもちろん、自分の国を離れて、知らない国で様々な体験をすることは、
子どもの成長に大きな影響を及ぼすでしょう。
遠い国に、仲間や友人ができるかもしれません。
子どもの世界を広げるきっかけとして、海外留学を考えてみたいものです。