受験費用について

学費とは、授業料だけではありません。
学校の受験費用も、子どもの進路希望によって必要になります。
受験費用はいくらかかるのでしょうか。

まずここでは、小、中、高、大学までを擁する関東の私立学校の例を挙げます。
小学校、中学校、高等学校の受験料は、各30,000円。
大学のほとんどの学部は35,000円ですが、医学部は60,000円です。

系列校には無試験で入学できる学校もあります。
小学校からエスカレーター式に進学できるのならば、その後の受験費用は必要ありません。
とはいえその環境を得るためには、小学校受験をしなければなりません。

小学校入学の時点で受験をするにしても、
大学入学の時点で受験をするにしても、
ただ1校だけを選んで受験するのは、リスクが高いものです。
いくつかの学校を併願する、安全策を取られる方が多いでしょう。
小、中、高校受験において、私立を2、3校受けておくならば、
6万~9万円かかることになります。

大学はどうでしょう。まず国立大学から見てみます。
大学入試センター試験の検定料は、3教科以上受験で18,000円、
2教科以下受験では12,000円です。
その後、各大学の二次試験では検定料が17,000円かかります。
地元国立大学だけを受験する場合、29,000円から35,000円必要です。

私立大学の受験料は、多くの大学、学部で35,000円となっています。
国立+私立大学受験ならば7万円かかることになります。

そして、受験費用には受験料以外の費用も含まれます。
遠くの学校を受験する場合には、交通費や宿泊費がかかります。
行く場所にもよりますが、2、3日滞在することを考えると、安い出費ではありません。

このように、どの時点で受験するか、国公立か私立か、
近くか遠くかで、変わってくる受験費用ですが、
子どもの進学希望についてよく話をして、
一体いくらかかるのか、試算しておくといいでしょう。
そして、合格率の高い受験となるよう、子どもが勉強してくれることを祈るのみです。

管理人がお勧めするサイト

モビットの評判まとめ※審査は甘いor厳しい?在籍確認は?・・・キャッシングのモビットについて実際に借りた人の声をまとめています。審査について気になる方はぜひ参考にしてください。