学資保険の選び方について

学資保険は、進学資金を貯めることのできる保険です。毎月保険料を払い、満期になると給付金を受け取ることができます。例えば高校入学に向けて、あるいは大学入学に向けて、というように、明確な目標日を設定する計画性が必要となります。

もしもの時の保障が付いた商品を選べば、病気や怪我の給付金、死亡保険金を受け取ることができますが、
その分保険料は高く設定されています。

保険の契約者が亡くなった時には、それ以降の保険料は免除されることになっています。
また、契約者が亡くなった場合に、被保険者(子ども)に給付金が支払われる商品もあります。

給付金の受け取り時期ですが、例えば大学入学時の18歳時にまとめて受け取れる商品と、小学校入学時、中学校入学時などに少額の祝金が受け取れるのですが、満期時の額は、まとめて受け取るものよりは少なくなる商品とに分かれます。高校までは公立を選ぶ場合には、前期の保険が適しているでしょう。

学資保険を選ぶ際に気をつけたい点は、返戻率です。返戻率とは、支払った保険料の総額に対して、受け取ることのできる満期保険金の割合です。この返戻率が100%を超えている商品は、貯蓄性が高いと言えます。

保険料が高い商品を選んだ場合には、返戻率が低くなり、元本割れしてしまう危険もあります。
とはいえ、もしもの時の保障も兼ねたものとして、学資保険を選ばれるのであれば、元本割れとなっても、保障の多い保険の方が安心されることもあるでしょう。

医療レーザー脱毛も子供に手がかからなくなったらやりたいことの1つです。腕や足のムダ毛がスッキリ出来るなんて夢のようですよね。